PROTOTYPE 超人日記5

prot_05_01.jpg

後半に入ると一つ一つのミッションがかなり難しく感じるようになってきました。特に軍の攻撃がハンパない。難易度NORMALでこれなんだからHARDとか一体どうなるんだってカンジです。心が折れそうになりながらも何度もリトライし続けながらチマチマ進めてきましたが、この戦いもようやく終わりに近づいてきた模様。
prot_05_02.jpg

ミッション:THINGS TO COME
東西南北からハンターやハンターリーダーのグループが無数に攻めてきて、モタモタしてると中央のポンプを破壊されてしまうというかなり面倒なミッション。更にHYDRAなども出てきます。
何度かやり直しましたが、やはり戦車で逃げ撃ちが安定でした。

prot_05_03.jpg

ミッション:ON INSTINCT
そのハンターリーダー達を倒し終えるとエリザベス=グリーナが見るもおぞましい姿に変貌して地中からお目覚め。どうしてこんな姿に・・・。
ここは今まで最も難しい戦いとなりました。エリザベスは口から岩や誘導弾のようなものを吹き付けてきたり、定期的に周囲を一掃する衝撃波を放つのでうかつに近寄ると瀕死のダメージを食らってしまいます。

prot_05_04.jpg

結局、私はひたすらBLADE AIR SLICEでゲージを削っていきました。体力がヤバくなったら路地に行き感染者を捕食して回復、衝撃波をビルの上でやり凄し、上空からBLADE AIR SLICEで斬りつけ、エリザベスがダウンしたら接近して本体を攻撃の繰り返し。とにかくタフなので地道に減らしていくのが安全だと思います。途中から無数のハンターも追いかけてくるのでうまく倒して回復に使うのが良いでしょう。
ここだけでトータル2時間近くプレイしてました(汗。

prot_05_05.jpg

ミッション:SHOCK AND AWE
ろ過ユニットを全て破壊して施設全体をダウンさせる目的のミッション。施設付近では煙で目標が見えないのでサーマルビジョンで熱感知を駆使すると見通しがよくなります。
やはり軍がかなり激しい攻撃をしかけてくるので、ヘリによる上空からの攻撃でユニットを破壊しては逃げ、破壊しては逃げの繰り返しでなんとか乗り切りました。

prot_05_06.jpg

Alexの能力ですが、今までWHIPFISTを主力にしてきましたが、火力的に厳しくなってきたので、最近はBLADESを主力にしています。やはりBLADE AIR SLICEの威力が頼もしい。
次によく使うのがMUSCLE MASS。単に投擲の威力が上がるだけではなく、ダッシュとジャンプ以外のあらゆる格闘攻撃の威力が強化されるのでかなり使えます。

prot_05_07.jpg

ミッション:THE LAST MAN
今までAlexに携帯で情報提供をしてきた人物の正体は、Cross大尉でした。
軍を率いるRandallはマンハッタン島全土を浄化する作戦を既に実行しようとしており、それを阻止するべく、AlexとCross大尉は協力してRandallの元に近づく作戦を練ります。まずはRandallが探しているTaggart大佐を見つけること。彼はマンハッタン島から逃げ出そうとしているヘリのどこかに乗っているという。

prot_05_08.jpg

このミッション終了後、このゲームの本筋にあたるストーリーの謎がついに明かされます。
マンハッタン全土にウイルスをばら撒いたのは実は主人公であるAlex本人であり、そしてウイルスはAlexを殺しただけではなく、遺伝子レベルでAlexの身体を複製し、彼に成り代わっていたという衝撃の事実。今まで主人公だと思っていたものが、記憶や性格まで何もかもコピーされた意思を持つウイルスだったということ。

思い返してみればエリザベス=グリーナを開放したり、街に2度目の感染を起こそうとしたのも、このウイルスの意思によるものなのかもしれません。
というわけで展開が緊迫してきたところで次回へ続く・・・。


[関連動画]

なんと字幕付き動画なるものがあるんですね。しかもAlexの操作がウマイ!
今回記事で書いた部分は丁度この辺からです。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
portfolio & blog
akitotatsumi.com
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT