テイルズ オブ ヴェスペリア 冒険記2



フレンドのToVの実績を見るとかなり先まで進めてる人が多くて驚きました。私は平日1~2時間しかプレイできい環境もあって、おそらくかなり遅いペースなのでしょう。まぁマイペースで楽しんでいきます。
それでもToVの記事を書くにあたって一応ネタバレを嫌う人もいると思われますので記事のトップ画像に関しては毎回OPムービーの一場面を貼ることで対策(?)することにしたいと思います。記事冒頭に画像貼らなきゃいいじゃん!というツッコミを頂きそうではありますが・・・。というわけで以後、見ても大丈夫な方だけ続きからどうぞ。



ハルルの樹が魔物の血をすって弱っているためパナシーアボトルが必要になったので再びクオイの森にて材料を集めてきた4人。しかしいざ樹の復活を試みるもののパナシーアボトル一つでは樹が復活するほどの影響力は無く、あえなく失敗に終わったと誰もが諦めたその時・・・



エステルが祈りだした瞬間まばゆい光が・・・。そして枯れていた樹がなんとみるみる花を咲かせていくではありませんか。エステルにはまだ謎の潜在能力が秘められてるようです。本人も自分の力に気づいてない様子ですがこれが今後のストーリーのカギを握っているのかもしれません。。ちなみにこのシーンはアニメムービーに切り替わってるのですが元々ゲーム画面がアニメ調なのでそんなにムービーとの違和感を感じさせない作りになっていました。流石です。



ハルルの街にはあのフレンの部屋で襲ってきた殺し屋らしきザギの姿も見え、ユーリ達はここに長居は出来ないと判断。再びフレンの足跡を辿って東の学術都市アスピオに到着。ここに帝都のブラスティアコアを盗んだ犯人モルディオがいるとユーリは確信していたようですがモルディオの家から出てきたのは少女らしき人物。




リタきたーーーーーーーーー!!!かわゆす!!魔道師モルディオとはこのリタだったようです。つまり帝都で会った犯人はリタの名前を騙っていたということでしょうか。リタは自身の潔白を証明するために遺跡にいくと提案。ユーリはまだ半信半疑で警戒中。パーティーメンバーとして同行することになりましたが二人は仲がよろしくないです。しかしリタはもう嬉しいぐらいツンツンですね。



というわけで早速リタを操作。ファイアボールのダメージはこんな感じです。詠唱中に攻撃を食らうとキャンセルされるので立ち回りが重要ですね。最初は3種類の術しか使えないのでひたすら遠距離攻撃に徹してるほうがいいかもしれません。でもいろんな動きをみたいので前に出て戦ってしまいます。



デレた!!!!スクショサイズじゃわかりずらいかもしれませんがあのツンツンなリタが頬を染めて恥らっています。ニヤニヤが止まりません!



遺跡の奥のほうへ到着すると巨大なブラスティアがありました。コアがないので動かない代物かと思いきや、そこにリタの話どおり盗賊が出現。この巨大ゴーレムを起動して戦わせるように仕向け自分はさっさと逃げようという魂胆の様子。巨大ゴーレムに襲われたリタでしたがエステルの治癒術によって回復。この時リタはエステルの持ってるそのブラスティアに特別な反応を示していました。やはりエステルには何か謎があるのでしょう。



というわけで巨大ゴーレム・ゴライアース戦。かなりの怪力で攻撃を食らうとダメージがデカいですね。ToVにはボス戦でシークレットミッションという要素が用意されており、例えばこのゴライアースの場合、Xバスターの最中に弱点であるアキレス健を攻撃してダウンを奪って倒すと・・・



このように実績が解除されます。この隠されたシークレットミッションの条件をクリアすることで、他にもご褒美アイテムがもらえたり攻略しやすくなったりといった特典があるようです。逃さしたくない人は実績解除Wikiも参照していったほうがいいかもしれませんね。



ま、またデレた!!!リタはどうやらエステルに弱いみたいですね。エス+リタ百合フラグ!?リタの疑いも無事に晴れこの街を去ろうとしたユーリ達でしたが、そこにいきなり同行を申し出てくるリタ。彼女も何やらユーリ達と旅をする目的ができた模様。というわけでリタが正式に旅の仲間になったところで今回はここまで。今回もちょっとしか進んでないですが、まぁこんな感じでちょびちょびやっていこうと思います。しかしリタかわいいですよね。モチベーションが上がってきました!
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
portfolio & blog
akitotatsumi.com
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT