デジタル一眼レフカメラ「Nikon Df」を買いました

Nikon Df

4年前間使い込んだNikon D5000(APS-C機)にいろいろと限界を感じて来てたので、そろそろフルサイズ機に乗り換える時期かなと思い購入しました。 購入するにあたってはどの機種にするか情報収集を繰り返しては悩む日々を送りましたが、やっぱり最終的にはここに行き着きました。「Nikon Df」。 一年以上前のモデルですが。
Nikon Df

購入したのはレンズキットモデルの『Df 50mm f/1.8G Special Editionキット』 。
ニコンの一眼レフカメラの箱といえばゴールドのイメージでしたが、「Df」は箱からして気色が違う事をアピールしてますね。

Nikon Df

フラッグシップ機のセンサーを搭載していながらもフィルム時代のレトロなデザイン。「Df」とは”Digital fusion”の略であり、まさにNikonの歴史との融合を意味したネーミング。
買うなら銀塩テイストなシルバーボディと考えてましたが実機を見たらブラックボディのほうがカッコよく感じたのでこちらを選択。最新のレンズでも似合いますしね。

Nikon Df

フルサイズ機を選ぶにあたって当初は「D750」を買おうか迷っていました。最新機種ですし性能&コスパ的にも優れていて評判も良かったので。しかし店頭でこの「Df」の実機を触った途端に感性を刺激され、もはやこれしか見えなくなるほど一目惚れしてしまいました。

Nikon Df

私がなによりも素晴らしいと感じたのがメカニカルダイヤルによる感覚的・直観的に操作できるユーザーインターフェース。目視できるレスポンスの良さが他にはない”操る事”の愉しさを与えてくれます。

Nikon Df

シャッター速度、露出補正、ISO感度、絞りをダイヤルで設定して、さぁ撮るぞとファインダーを覗く。
カメラが撮影するのではなく、自分自身がカメラという道具を使って撮影する、という銀塩時代の撮る愉しさをデジタル一眼レフのフルサイズカメラで味わえるのはこの「Df」のみではないでしょうか。

Nikon Df

液晶画面はバリアングルじゃないし、動画撮影機能もありません。だけどそれでいい。
シャッターを押した時の感覚がこれまた気持ち良い。カシャっ!という音も最高です。フルサイズ機なのに出かける時には常に持ち歩きたくなるような軽さも気に入った点。

Nikkor Auto H.C. 28mm F3.5 + Nikon Df

フィルム時代のオールドレンズが使えるのも魅力。当然私にはフィルム時代のレンズ資産などありませんが、このカメラを購入してから昔のレンズにも興味が出てきたので、中古で買ってきては遊んだりしています。写真のこの二つはどちらも自分が生まれるより前の時代のレンズ。


[試し撮り]
絵馬 法善寺
Nikon Df, AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 1/125, f/1.8, ISO100

チューリップ 長居公園
Nikon Df, AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED, 1/250, f/8.0, ISO800

洋風 食器類
Nikon Df, AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 1/1000, f/1.8, ISO800

Osaka Nightscape
Nikon Df, AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED, 13", f/11, ISO100

ダンボーくん
Nikon Df, AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G, 1/80, f/3.2, ISO100


とにかく撮るのが愉しいカメラです。長く使っていきたいですね。



Flickrはじめました。





関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
portfolio & blog
akitotatsumi.com
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT